マヤ暦☆260日のサイクルとは?

こんばんわ☆

今までのブログでは20個の太陽の紋章を説明してきました。

太陽の紋章だけでも特性をみることはできるのですが、マヤ暦は奥が深くさらに細かく分析する事ができます。

それが全部で260通りに分けられるわけです。

 

マヤ暦は”13の銀河の音”と”20の太陽の紋章”を組み合わせて260日で1サイクルとした暦ということになります。

この”13の銀河の音”というのは、マヤ暦で自分をみるときに非常に重要な役割をしています。この音の特性を理解することで私達一人ひとりがどのような”能力”や”役割”をもって地球に生まれてきたのかを把握することができます。

次回ブログより、音について詳しく書いていく予定です☆

興味ある方は是非参考に!!

鑑定依頼やお問い合わせはこちら

結婚サポーターとして活動している中、
自分磨きでメイク術・ファッション講座・エステなどを通じて外見ばかりを磨いても、心が曇っていると何をしても魅力にはなれないのだと気づいてしまいました。
それは”心の問題”です。
心の問題は、悩んでるうちは答えが見つからないものです。
そして面白いのが、どんなに外見的な努力をしても結婚できないのに、心が豊かになると外見的努力は一切していないにも関わらず、結婚相手が見つかってしまうのです。

そこで、基礎となる内側の部分を元気にさせる活動をしていく事を決意いたしました。
一人でも多くの方が、毎日楽しく過ごしてもらえるよう道しるべをお伝えできればと思っております。
悩みは些細な事から始まります。種が大きくなる前に行動してみましょう。

鑑定アドバイザー:レイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。