彼氏や好きな人ができたら誰もが「愛されたい」思うもの。

しかし、「愛されること」ばかりを追求してしまうと幸せな結婚を手にすることが出来なくなってしまいます。

●愛されることを求めすぎてしまう結果とは?

好きな人ができたら「愛される」ことを願い、ファッションや美容に気を配ったりする人は

多いことでしょう。しかし、「愛されることばかり考え、自分から愛さない人は幸せになれない」のが結論です。

愛されようとすることの問題点は、自分が期待する動きを他者がしてくれなくなる ということ。

彼の顔色を伺いながら理想の女性になろうと必死になっても、相手から褒め言葉がなかったり、思ったような反応がなかった時は

結果、むなしさを感じてしまいます。

愛されることばかりを求めていれば結果的に、いつか愛されなくなるという現実と向き合わなければいけなくなったり、いつまでも満たされない思いを抱えなくてはいけなくなるのですね。

では、どうすれば愛されることばかりにとらわれず、幸せを引き寄せられるようになるのでしょうか。

それは「自分から愛する決意」をすること。

 

しかし、裏切られてしまったらどうしようという恐れが出てくるのです。

そんな恐れはどうすればよいか?

相手を愛そうと決心しても裏切られるのが怖いと感じるのなら、小さくてもいいので「成功体験」を得ることが大事です。

例えば、彼とお付き合いしている間に「この人と一緒にいたら楽しい”この人となら自分がありのままでいられる”と感じるというような経験が一つでもあれば」自分から愛する勇気を与えてくれるといいます。

彼とのお付き合いの中で、小さいことでもいいので一つでも成功体験があれば、彼を信じて愛してみましょう。彼から愛されることだけを求めていれば、満たされない思いを抱えて相手が嫌いになる理由を探してしまうことにもつながってしまいます。

見返りのない愛で彼を愛せればその先の幸せにもつながっているのです。